やりきる

じつをいうと、今日は那覇ラソンだった。

僕の友達にも参加して完走したり、途中でリタイアしたりとFacebookで次々に報告されて様々だった。

さて僕はというと午後から仕事に入りやり切った。

そして、翌日は何しようか思案しながらこのブログを書いた。

残る仕事、なくなる仕事

先日、西野亮廣講演会が沖縄で開催され参加してきた。その中で、未来になると現在ある仕事がなくなってしまうとでているが、その反面新たにできる仕事もあるという。

 

その後、こんなことが頭に出てきた。テレビ番組はエンディングに出てくるテロップで制作したスタッフ達が表示されている。カメラ、音声、TKタイムキーパー、FDフロアディレクター、ADアシスタントディレクター、プロデューサーの他に、「リサーチ」と呼ばれる人たちがいることを。

 

ネットやSNSで番組に関わる内容を探したり、それら当事者達に連絡とったりしていることをしていると聞いている。

 

テレビ番組創成期にはもちろんない仕事だ。それが時代が進んでいくうちに通信環境が変わってきたためこれも新たにできた仕事といえるだろう。

 

西野亮廣も無くなる仕事に憂うより、新しい仕事を作ってしまえという言葉に納得した。

なかなか

家にいるのもどうかと思い、近所のコーヒーショップへ。

 

デスクもあるし、コンセントもあるし、何かしら書く作業にはうってつけ。

 

コーヒーの他にはフードやスイーツもあるので小腹が空いたらいただける。

 

気分転換にはうってつけの場所だ。

 

 

f:id:nagaokazu54:20181122170611j:image

停滞期

ここに来てタイトル通りの状態に陥ってしまった。

 

何を目指していくのか。

 

何をしていくのか。

 

わからない。

 

何と共にするか。

 

何をするのか。

 

見えない。

 

自分の歩いている部分がふわふわしていて

落ち着かない。

 

いろんな人に聞いてみたい。

 

こんな心理状態から脱した方法を。