イメージ通り

僕の会社での勤務はルーチンワークで決まっている。

つまりどんな勤務をするのか大方わかっているのだ。ただ人によっては勤務の仕方に差異があり終わるのにバラツキがあるのは否めない。

 

この時どう動くのかイメージをしておくと、体がそうなったという感覚を覚えられる。

 

僕の場合だと、先へ先へと進んでいく。

 

これを意識したおかげで勤務を終えることが早くなったと断言できたのだ。

 

他には周りの意見に従って自分でやってみる。

そうすると自分の感じる力も強くなる。

 

そうすれば、イメージ通りの結果を生み出せる。

みかん

僕はくだもので好きなものと聞かれると

リンゴと答える。

歯ごたえがあり、毎日食べても飽きがこないのだ。

 

だが今回からそれを変えてみることにした。

 

みかんを食べるようになったのだ。

2018年から2019年はインフルエンザが猛威をふるい

効果的な対策としてこうなったのだ。

 

試してみて僕は風邪で倒れたことはなかった。

それが幸いしているのでもう少し続けていく。

 

 

 

2019阪神タイガース宜野座キャンプリポート 紅白戦

再びかりゆしホテルズボールパーク宜野座へ行った。

 

グラウンドでは選手たちの打撃練習が行われていた。

f:id:nagaokazu54:20190212100438j:image
f:id:nagaokazu54:20190212100427j:image
f:id:nagaokazu54:20190212100432j:image
f:id:nagaokazu54:20190212100423j:image

時間が来ると選手たちはベンチに戻り紅白戦へと入った。

 

f:id:nagaokazu54:20190212100608p:image

その日のキャンプ日程を見ると、

白組が打者10人!

上本がサードの守備に就く。

内野手の植田がセンターに入る。

と普段の試合では見慣れないことが起こっていた。

 

サード上本、センター植田とも守備は無難にこなしていた。

 

f:id:nagaokazu54:20190212101621j:image

グラウンドの案内では試合開始時刻が当初の13時から10分繰り上げるとのことだった。

 

f:id:nagaokazu54:20190212101948j:image

 

試合開始。何か違うことに気づくだろうか。

コーチャーズボックスにコーチがいないことを。

つまりサイン無しでプレーすることになるのだ。

 

試合展開は、

白組先発は小野。

f:id:nagaokazu54:20190212102647j:image
f:id:nagaokazu54:20190212102653j:image

しかし、小野は制球が安定せず走者を溜めてしまい、1回に新外国人マルテにレフトスタンドに突き刺すホームランを打たれてしまい。2回投げて6失点と散々たる内容だった。

 

紅組先発藤浪。

f:id:nagaokazu54:20190212103211j:image

 

2回に板山からホームランを浴びてしまい、あと2者連続デッドボールを与えてしまったが、失点はこの時1点のみで抑えた。

 

3回からは白組は青柳。

f:id:nagaokazu54:20190212104047j:image

こちらは2回を投げて無失点で切り抜けた。

 

同じく紅組は伊藤和雄。

昨シーズンのファームで抑えで投げていた経験があったからか、こちらも2回無失点で投げ終えた。

 

f:id:nagaokazu54:20190212104719j:image

 

そして白組3番手は飯田。2018年シーズン松田遼馬投手と交換トレードによりソフトバンクから移籍してきた。

制球は無難だったが、ベースカバーで一塁ベースを踏む瞬間捕球していたボールを落としてしまった。

これが響き、2回1失点の内容だった。

 

f:id:nagaokazu54:20190212105329j:image

 

紅組3番手はルーキー齋藤。

 

f:id:nagaokazu54:20190212105531j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105603j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105607j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105535j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105559j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105549j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105539j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105544j:image
f:id:nagaokazu54:20190212105555j:image

投げっぷりを見て違いが出ていたのがキャッチャーの捕球する音が大きいのだ。

スコアボードに表示される球速は140km/h台後半。

速球派だ。

こちらも2回無失点だった。

 

その結果。

f:id:nagaokazu54:20190212110251j:image

7対1で紅組の勝利だった。

 

さて、6回裏白組の攻撃1死走者1塁近本の場面。打者鳥谷の場面。この時鳥谷は内野フライに倒れて2死となったはずだが試合終了となった。その後のネットニュースで理由がわかった。その時近本は、鳥谷が内野フライになった後も3塁まで暴走して帰塁できなかったのだった。結果ダブルプレーになって終わってしまったわけだ。

幸い観客席から野次はなかったが後味はよろしくない内容となってしまった。

 

この後対外試合が待ち受けている。課題の残った選手たちその後どこまで修正してくるか。今後の試合を僕は見ていく。

2019阪神タイガース宜野座キャンプリポート②

会場である宜野座村かりゆしホテルズ宜野座ボールパーク

これまでとは違い新たな施設が完成したのだ。

 

f:id:nagaokazu54:20190209103301j:image

宜野座DOMEを向かって右手に向かうと。
f:id:nagaokazu54:20190209103305j:image

新しくブルペンが常設となったのだ。



f:id:nagaokazu54:20190209103742j:image
f:id:nagaokazu54:20190209103737j:image

画像の奥側は報道陣向けに、一般観客達は画像手前のコンクリート製のベンチに座って見ていくことになる。

 

この時僕が目にしたのは、岩崎優投手。



f:id:nagaokazu54:20190209104446j:image
f:id:nagaokazu54:20190209104441j:image
f:id:nagaokazu54:20190209104438j:image

 

同じ頃ブルペンには飯田優也、岩貞祐太、島本浩也と同じ左腕投手も投げていたのだが、岩崎は投球時に身体が沈み込むのが印象的だった。

こうして見ると球速が上がっているように思えた。

 

f:id:nagaokazu54:20190209105100j:image
f:id:nagaokazu54:20190209105105j:image

 

昨年まではブルペンは仮設で吹き抜けていたので観客席は40人くらいしか入れかったが見やすかった。今年からは一般観客達が最大120人まで同時に見られるのは良いとして、ガラス戸で閉められているので場所によってガラスで反射しているうえアルミサッシが邪魔していて見えにくいのだ。

 

なので今後ここから見るときはどこにいるかが見やすくなるかポイントになる。

 

 

 

 

 

2019阪神タイガース宜野座キャンプリポート①

2019年2月1日、この日を迎えた。

球春、プロ野球キャンプインだ。

那覇から沖縄自動車道を通っておよそ1時間で宜野座村に着いた。

 

かりゆしホテルズ宜野座ボールパーク

こちらで阪神タイガースがこの日から2月27日までキャンプが行われるのだ。

 

f:id:nagaokazu54:20190201162454j:image

 

それに先立ちグラウンドで開会式セレモニーが行われた。

揚塩球団社長、矢野燿大監督、梅野隆太郎選手会長を始め選手、コーチ達一同顔を揃えた。

 

f:id:nagaokazu54:20190201164454p:image

 

地元宜野座村長による祝辞が述べられ、阪神タイガース宜野座村でキャンプを行うようになって17年経ったのだ。それだけ地域に支えられてきているのだ。

 

そのあと矢野監督のスピーチがあり、

「チームの目標はタイガースファンを喜ばせることです。今年の秋にはファンの皆さんと一緒に喜べるシーズンを送れるようにキャンプをしっかりやっていきます。」

と述べられた。

 

これからおよそ1ヶ月にわたる

『ぶち破れ!オレがヤル』

スローガンのもとキャンプが始まった。

1月も終わり。

歳を重ねると一月(ひとつき)が経つのが早く感じる。

 

すでに出来たことは何だろう。

 

出来なかったことは何だろう。

 

選択と決断の繰り返しだ。

 

翌日もこの繰り返しの延長線上にいる。

 

さあ、翌日は楽しみだ。