読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分の心とは。

年度末を過ぎてようやくゆっくりと書くことができる。

 

もともと僕は超がつくほどの弱虫だった。

相手から僕はどう思われていたのかが全てだった。その相手から認められなければ、一人でもいいと投げやりな気持ちだった。

 

だが、ここ2年の間にあんなこと、こんなことといろいろ経験したことから、僕がどんな人間だったのか

シェアしておく。

 

①周りの人たちの評価に怯えていた。

僕がどんなふうに見ているか非常に気にしていたのだ。

 

②周りの人のペースに合わせ過ぎ。

相手が主役、僕は脇役。

 

③誰かに認めてもらわなければ自ら動けない。

誰よりも「ねぇ、僕を認めてよ!」と承認欲求不満のかたまりだった。

 

自分の心を内側から見て、言語化ができるようになったことは非常に大きなこと。

さらに月日が経つと、どんな表現になるのか。