読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZONE

この記事をご覧いただいている方達は”ZONE”と聞いて何を思い浮かべるだろうか。

 

〇〇ゾーンとか、ある一帯のことや、『〜secret bace〜 君がくれたもの』を思い出す人もいるだろう。

 

だかここで言うZONEとは、

f:id:nagaokazu54:20170306235404p:image

コトバンクという辞書サイトでは10番目の意味で登場してくるその言葉である。

 

だからといって僕は超一流アスリートというわけではないが、このZONEに入ったという話。

 

それは仕事の時、出勤から一定時間までにとある準備をしなければならないことだった。

それを集中していくうちに、時間月過ぎていくのが遅く感じたことだった。

 

やった!これで目処がつく。と思ったときに、先輩社員から、おはようと声をかけられた途端にビックリしたのは内緒。